任意売却ドットコム

もうすぐ定年を迎えるが、住宅ローンがまだかなり残っている。

M様 職業:大手飲食メーカー従業員 年齢:58歳 年収:600万  家族:妻・子二人
戸建て 築:18年 住宅ローン残1900万

相談時の状況
あと2年で定年になりますが、75歳までの住宅ローンを組んでしまったため、退職後のローン支払いの目処が立ちません。住宅ローンが支払えないわけではありませんが、今のうちに売却をして、少しでもローンを返せればと思いますが、普通に売却ができないということでしたので、任意売却ができるでしょうか?

相談を受けた時のポイント
・ 本当に今の時期に任意売却をするべきかどうか?

相談後の結果
任意売却というのは、本当に住宅ローンが支払えなくなったときにするものです。75歳までの住宅ローンを組んでしまっているのは仕方がありません。たとえ、任意売却をしたとしても、売却して残ったローンを支払わなければならないため、本当に今、任意売却するべきかどうかを検討したほうが良いです。
大手であれば、退職金があると思いますので、現在、任意売却をすると、残りのローン残債の支払いで押さえられる可能性もあります。

家族と相談し、検討した後の感想
定年後の支払いのことを考えると、支払えるかどうか不安で、売却したほうが良いと考えておりました。任意売却することのデメリットというのを知らず、きっちりと教えていただき、良かったと思います。
とりあえずは、今のまま住宅ローンを支払っていきます。退職後にも仕事が見つかる可能性も0ではなりませんし、退職金で残債務を減らすこともできると思います。
本当に支払えなくなった場合に、また相談します。

一覧ページへ

0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。