任意売却ドットコム

定年を迎え、年金をもらうまでの支払いができない。

A様 職業:清掃パート 年齢:61歳 年収:600万 ⇒ 200万 家族:夫婦二人
戸建て 築:19年 住宅ローン残2500万

相談時の状況
60歳で退職し、退職後は、年金をもらう65歳までの間、別の仕事でつないでと、考えておりましたが、なかなか仕事も見つからず、今までと同じような収入を得ることは難し状況でした。その上、住宅ローンの残りも2500万ほどあり、将来的にも、全額返せるあてもありませんでした。当面は、貯金を切り崩し、返済をしておりましたが、次第に生活をすることが苦しくなって、住宅ローンを滞納するようになりました。銀行に、返済猶予(リスケ)の相談をもちかけましたが、滞納している状況では受け付けてもらえず、滞納がさらに重なり、どうしてよいかわからない状況でした。息子がインターネットで調べ、ここの話を聞き、相談にいたりました。

相談を受けた時のポイント
リスケ相談をもちかけている間に、滞納6ヶ月を過ぎており、早々に任意売却の手続きをしなければ、競売となっていた。
任意売却後の残債務が、1000万円以上確実に残ることとなったが、破産はしたくないということだった。
長年住んでいる地域であった為、この地域から離れたくは無いが、近所で任意売却をしていることを知られたくなかった。

任意売却後の結果
相談を受け、その日のうちに面談。任意売却をする依頼を正式に受け、債権者にその
場から連絡。本人から任意売却をする旨を伝え、その電話で代わってもらい、現在の状況を伝える。1週間の猶予をもらい、不動産調査、査定、写真等をすべて整え、翌週より売却開始。 3ヵ月後には、無事買手が見つかり1380万での売買となりました。
売買所費用約110万円を差し引き、住宅とローン債務は1300万近く残ることとなりましたが、債権者側とも無事話し合いができ、月額1万円の返済をすることで解決できました。

売却後の感想
まずは、売却価格が思っていたより、価格が低かったことがつらかったです。任意売却後も1300万近くが残ると言われたときには、さすがにどうすればいいのだろうと悩みました。自己破産だけはどうしてもしたくなかったので、一生返していくことにはなると思いますが、なんとか分割で話し合いができてよかったと思います。
引越し先も紹介してくださり、近くの家賃5.6万円のマンションに住むことができました。売却の際には、近所への配慮もしていただき、直接的にチラシをまくのではなく、間接的に買手を見つけてくれましたので、近所からも余計は質問等はありませんでした。返済も1万円で話し合いがついた為、おかげで、今の収入内でなんとか生活をしていけるようになりました。本当にありがとうございます。

一覧ページへ

0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。