任意売却ドットコム

滞納の期限

滞納前

任意売却をするためには滞納していることが条件です。
安易に任意売却をすることを考えるのではなく、任意売却のメリット、デメリットをよく踏まえ、その他の道がないのか?を検討する必要があります。
この段階だと、銀行と相談し、住宅ローンの返済の見直し(リ・スケジューリング 通称:リスケ)等を行うことも可能です。任意売却は一度進めると、元に戻すことが非常に難しくなります。

滞納3ヶ月~6ヶ月

債権者が代位弁済の準備にとりかかる時期です。
任意売却業者を選択する必要があります。代位弁済前に滞納額を全額納めることで、元通りの返済に戻すことも可能です。また、代位弁済前であれば、滞納額全額(利息損害金を含む)を納めることで元通りの返済に戻す最後のチャンスです。代位弁済後は、残金一括請求となりますので、毎月のローン返済に戻すことができなくなります。

滞納6ヶ月以上もしくは、代位弁済後

すぐに任意売却の対応をしなければ、競売にかけられてしまいます。
すぐに相談をして、任意売却の手続き及び業者を選択してください。
競売にかけられてしまうと、取り下げることはできません。
競売は債権者が裁判所に競売申立を行います。申立の場合は費用が発生するので取り下げが困難となります。任意売却をするためには、競売の取り下げが必要となり、取り下げ手続きは債権者の同意が必要になります。債権者交渉がスムーズに運ばなくなるので、出来る限り競売申立前に任意売却手続きに入ることをお勧めいたします。
※ 競売取り下げの条件として、競売申立債権者から取り下げの依頼をしてもらわなければなりません。債権者は費用を支払って、競売申立を行っておりますので、取り下げてくれることはありません。取り下げの条件としては、任意売却の場合、買主への引き渡し後、その日のうちに取り下げの手続きに入ることになります。

競売開始決定

債権者が競売申し立てを裁判所に行い、不動産調査、価格調査などが執行官、鑑定士によって開始されます。競売入札時期は、地域、忙しさによって様々ですが、開始決定から早ければ約3ヶ月、遅くても約6ヶ月後には入札が始まってしまいます。
任意売却を平行して行う場合、競売の取下げは、任意売却の決済時となりますので、「買主が決まった」、「売買契約を締結した」等の理由では取り下げはできません。ご注意ください。

競売開始決定

債権者が競売申し立てを裁判所に行い、不動産調査、価格調査などが執行官、鑑定士によって開始されます。競売入札時期は、地域、忙しさによって様々ですが、開始決定から早ければ約3ヶ月、遅くても約6ヶ月後には入札が始まってしまいます。
任意売却を平行して行う場合、競売の取下げは、任意売却の決済時となりますので、「買主が決まった」、「売買契約を締結した」等の理由では取り下げはできません。ご注意ください。

0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。