任意売却ドットコム

借金の整理方法

ご相談者様にとってどの債務整理が最適かご判断いただくため、制度の違いを比べるための表を作成しました。しかし、債務整理は複雑で、どの方法が最適かは弁護士へのご相談をお薦めします。当協会の顧問弁護士への相談は初回無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

任意整理 特定調停 個人民事再生 自己破産
適用条件 債権者の同意 借金がある
支払不能の可能性
借金が5,000万円以下
今のままでは支払い不能の可能性があるが、返済条件変更で支払い可能となる
支払い不能である借金の原因がギャンブル等でない
メリット 債務問題を人に知られない自宅に住み続けられる可能性がある 裁判所が間に入るので個人でも利用がしやすい 自宅に住み続けられる可能性がある
借金の原因が問われない
借金から今すぐに開放される
デメリット 信報情報機関に掲載される 信報情報機関に掲載される調停で決めた支払いができない場合は強制執行される 信報情報機関に掲載される
官報に掲載される
保証人に一括請求される
費用、期間がかかる
信報情報機関に掲載される
官報に掲載される
特定の職業に就けなくなる
自宅を失う
保証人に一括請求される
返済条件変更の内容 自宅等を市場価格に近い価格で売却できる
(残債が競売と比較し少なくなる)
残債の返済条件を債権者と話し合える
借金の減額が認められる可能性あり
残債は3年以内に完済する必要あり
※但し、再度返済が滞ると強制執行の恐れ
住宅ローンは継続して支払う
住宅ローン以外の借金を約2割に減額
減額した住宅ローン以外の債務は3年で完済する必要あり
債務免責(借金の帳消し)

それぞれの債務整理制度の詳細

債務整理には細かい適用条件があり、特に個人民事再生は実現するためのハードルが高く、弁護士への依頼が必要となるケースがほとんどです。 各制度の詳細を知り、任意売却以外の方法での債務整理を検討したい、という方は次のページをご覧ください。

4つの法的整理

整理後の債務 免責後の額 返済期間 依頼費用
自己破産 支払わない 0円 免責まで3~6ヶ月 個人は30~40万
管財事件は+25万
個人再生 支払う 最大1/5 3~5年 100万前後
特定調停 支払う 債権確定
過払いの場合は引きなおし計算
3~5年
(36回~60回)基本3年
1社3~5万
+成功報酬
(20%~30%)

任意整理 支払う 債権確定
過払いの場合は引きなおし計算
3~5年
(36回~60回)
基本3年
着手0~3万
+成功報酬
(20~30%)
0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。