任意売却ドットコム

抵当権(ていとうけん)

 抵当権とは、担保物件のうちの一つ。登記簿の乙区に記載されます。 お金を貸す方(銀行など金融機関)としては、お金が返ってこなくなったときの保証が必要です。 そのため、抵当権設定契約を行います。 抵当権の設定は、司法書士に依頼するのが一般的です。
 抵当権は担保の一手段として良く利用されています。 担保物権にはほかに 質権、留置権、先取特権 があります。 抵当権と質権の大きな違いは、質権は担保差し入れ後、不動産の利用ができなくなるのに対して、 抵当権はそれが可能だということです。そのため、現在、不動産質権はほとんど利用されていません。
 なお、 留置権、先取特権は当事者の契約により発生するものではありません。 根抵当権は抵当権の一種で、一定限度額(極度額)以内なら何回でも担保として使えますが、 抵当権は特定の債権一回きりに使用される担保権です。

一覧ページへ

0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。