任意売却ドットコム

無剰余(むじょうよ)

無剰余とは、不動産に資産価値の金額以上の抵当権が設定されており、それ以上抵当権をつけても意味がない状態のこと。
 競売の際に使われる無剰余という意味は、少し変わります。 以下の状況の場合、マンションを売却しても1番抵当権者は、全額回収できません。従って、2番抵当権者のB銀行は無剰余(配当がない)ことになります。
A銀行(1番抵当) 3,000万円
B銀行(2番抵当) 1,000万円
マンション価格  2,000万円
資産の実勢価格より、抵当権の債務のほうが多い状態であり、2番抵当以下の債権者には当該物件を処分した場合に弁済が回ってこない状態を指します。

一覧ページへ

0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。