任意売却ドットコム

保証人になっていたが、離婚した場合

離婚することで、連帯保証人・連帯債務者の立場から外れることはありません。

たとえば、よくあることですが、離婚の際に、離婚調停を行い、住宅ローンの支払いは夫がするとなったとしても、それは、夫婦間で決めたことであり、債権者の立場からすれば、離婚をしても、主債務者と連帯保証人の立場であることはかわりません。

この状態で支払いが滞った場合、離婚調停で決まったからという理由で、債権者からの督促を拒むことはできません。

連帯保証人の変更をする場合には
連帯保証が解除されるのは、住宅ローンが完済(全額返済)された時と、契約時の取り決めにあるはずです。よって、ローン返済途中である以上、名義の合意解除(連帯保証人をやめること)はきわめて難しいとお考えください。
ただし、銀行の同意が無ければ、連帯保証から逃れることは出来ないとも記されているため、裏を返せば、銀行の同意を取付けることが出来さえすれば、連帯保証から逃れられることになります。
可能性はゼロではありませんが、その交渉は極めて難しいと思っておいた方が良いでしょう。それでも、どうにか抜ける方法はないか?とお困りの方にアドバイスをさせて頂きます。
全額返済以外で連帯保証人を抜ける方法として、以下の3つの方法が考えられます。

① 住宅ローンを借り換える方法です。

たとえば、現在、払っている住宅ローンの残高が、夫婦合算ではなく、夫単独の収入(年収)で借り換えることができるとすれば妻側は、連帯保証人になる必要はありませんので、 離婚の前にローンを借り換えることで、連帯保証の責任は消滅することになります。

② 代わりの連帯保証人を連れてくるという方法です。

一定以上の収入のある人に連帯保証を代わってもらうということですが、 一般的に、そんなリスクを冒してまで、あなたの身代わりになってくれる他人はまず居ません。
あなたの身代わりになっても良いと思ってもらえる可能性としては、親族(かなり親しい身内)ぐらいでしょう。あとはあなたがいかに説得するか…です。

③ 住宅ローン相当分の固定資産を担保にする方法です。

この場合、あなたもしくは、あなたの親族や身内の方が、一定以上の資産を有していることが条件になります。
住宅ローンに相当する資産であれば、銀行側も文句を言わないでしょう。

0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。