任意売却ドットコム

連帯保証人・連帯債務者になっている

離婚する(した)際、連帯保証人・連帯債務者になっている場合は、一番問題になるケースです。

 

連帯債務者」を言葉どおりに読み解くと、連帯して債務を負っている者ということです。連帯して債務を負うということは、それぞれが、同一の債務について同じように責任を負うということです。

連帯保証人」は、本人と連帯して債務を保証する人です。「連帯保証人」は、あくまで保証をする立場であるため、本人の返済が滞ってはじめて、借入先から返済請求を受ける立場にあります。

 

どちらであっても、債務を弁済する必要がある立場に変わりはありません。

任意売却は、あくまでも市場価格よりも債務が多い不動産を売却することであって、これでローンが終わるわけではありませんので、売却後もローンが完済するまでは、支払いを続ける必要性が出てきます。

たとえ、離婚調停をして住宅ローンは相手方が支払うとなっていたとしても、債権者から見れば、連帯保証人・連帯債務者である立場は変わらず、離婚調停をしたから無くなるというわけではありません。
まず逃げることはできませんので、覚悟をする必要があります。

その上でまずは何をすればよいか?
ご自身の名義になっている資産・負債の確認をする必要があります。
資産と負債の確認はこちらで(詳しくはコチラ

 

ご自身名義の資産と負債を確認し、自分にどれだけの資産があり、どれだけの負債があるのかを確認します。

 

次に、任意売却については、売却を進めるべきです。
ご自身が住んでいるいないに関わらず、

 

資産が無い場合には
ご自身の負債と、任意売却した後に残ったローン(詳しくはコチラ)しかありませんので、ご自身に支払うことが出来るか否かを判断し、債務を整理していかなくてはなりません。

 

資産が有る場合には
任意売却をした後に残ったローンを支払う義務は必ず生じます。債権者からみれば、本来、売却時に全額清算する必要があるローンを全額清算できない理由から、任意売却に同意した立場ですので、売却した後のローンを少しでも弁済してもらう必要があります。その為、主債務者・連帯保証人・連帯債務者のいずれの立場であっても回収しようとします。離婚した相手方が私の分も支払うから私は払わないという方もおり、気持ちはわかりますが、少しでも多く、少しでも早く回収するのが債権者ですから、支払うことができるところから支払ってもらうということになります。
売却後の支払い交渉等をする際にも、主債務者・連帯保証人・連帯債務者のそれぞれと交渉することになり、まともに話し合いに応じなければ、差押もできる権利がありますので、ご注意ください。
まずは、どういった資産があるのかをひとつずつ整理し、どの資産をどのように処分していくのかを検討する必要がありますので、そこは、専門家にご相談ください。

0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。