任意売却ドットコム

離婚をしたがそのまま家に住み続けていた

任意売却のご相談の中、よくあるのが、離婚調停の際に住宅ローンは相手方が支払うといったもの。
子供の養育費代わりに住宅ローンを支払う等の理由で、滞納してしまって家を追い出されかねないという相談等がありますが、あくまでも相手方との約束であり、債権者を交えた話し合いではありませんので、支払いが滞ると家の処分に債権者が動き出します。

住宅ローンは自宅の土地建物を担保として借り入れをしておりますので、住宅ローンの支払いが滞ると債権者側は弁済に向けて、自宅の処分を検討していくことになります。

自宅の処分をとめるためには、滞納分を支払い、住宅ローンを支払い続けなければなりませんが、すでに滞納状態に陥っている場合には、処分せざるを得ません。

自宅を守る方法(詳しくはコチラ)が無いわけではありませんが、相手方はすでに支払いができない状態に陥っているので、それはご自身で解決していくしかありません。

任意売却では一応、引越し代を得る交渉も出来ますので、滞納がどれぐらい行われており、何時まで時間が有るのかを確認して、売却に備えた準備をする必要があります。

一番対応できなくなるのが、自分は悪くないからといって放置することです。

まずは専門家にご相談ください。冷静に対応していくことで、一番最悪な状況に陥らないと思います。

離婚調停をしていても

離婚調停は、夫婦間で離婚の話し合い(協議)ができないとき、進まないときに裁判所に間に入ってもらって、離婚するかどうかやその条件を話し合う手続きです。

離婚調停は、正式には夫婦関係調整調停と言います。
夫婦関係調整調停は、離婚しようという場合だけでなく円満を目指す場合もありますが、夫婦関係調整調停の中で離婚を望んで申立てるものを、一般に「離婚調停」と呼んでいます。

 

これはあくまでも夫婦間での話し合いであり、債権者を交えた話し合いではないということです。離婚の際に住宅ローンの支払いは相手方が支払うと調停で決まったとしても、実際に滞納してしまうと、家を担保にしている債権者側は家を処分するしか方法がなくなるということになります。
結果、家を任意売却もしくは競売にかけて、換価処分をして、残りのローンの支払いを債務者に求めるということになってしまいます。

 

家に住んでいる限りは、離婚調停で決定したからといっても、無関心でいると大変なことになってしまいます。どちらかというと、家に住んでいるからこそ、真剣に対応しなければなりません。不利益を被るのは、住んでいる方のほうが大きいのですから。

0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。