任意売却ドットコム

弁護士・司法書士の方法選択

任意売却の時に、弁護士・司法書士に依頼することとは?

任意売却は、あくまでも借入金残債務が自宅を売却しても残ってしまう不動産を売ることを言います。
任意売却をしても、弁護士・司法書士に依頼する必要があることとは、残った借入金債務やその他債務の整理についてです。
残った借入金は、基本一括弁済ですが、ご自身で債権者と話し合い、分割で支払う話し合い(分割弁済)を行うか?弁護士、司法書士に依頼し、法的に債務を整理するか?を選択しなければなりません。
債務の整理を選択した場合、弁護士を選択するべきか?司法書士を選択するべきか?費用はどれぐらいになってくるか?など、弁護士・司法書士に仕事を依頼するのが始めての方も多いでしょう。  どんな弁護士がよいか?司法書士を選択するときの基準としていただければと思います。

 

弁護士費用に余裕のない方は?

本来、弁護士の費用は着手金、実費、成功報酬という形の報酬形態で、基本、一括でお支払していくものですが、近年では、弁護士事務所によっては、費用の分割払いで受けていただけるところがあります。分割払いが可能かどうか?は、依頼する弁護士事務所にお尋ねください。
法テラス(日本司法支援センター)では、民事法律扶養業務として、経済的に余裕がない方が法的トラブルにあった時に、無料で法律相談を行い(「法律相談援助」)、一定の要件を満たせば、弁護士・司法書士の費用の立替え(「代理援助」「書類作成援助」)、立て替えて貰った費用は毎月1万円ずつ返却すればよいという制度もあります。 支援を受けるには、一定要件を満たす必要がありますので、詳しくは こちらまで

0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。