任意売却ドットコム

差し押さえの種類と内容

差し押さえできる強制執行の種類は以下のとおりです。

種 類 押さえるもの 見 解
1.動産執行 【動産】
差押禁止動産以外の動産で、債務者が所有しているものであれば、差押えは可能。
差押禁止財産は以下のとおりです。
動産の差押は昔ほど一般的ではありません。
動産とは不動産(土地・建物)以外のすべてのことをいいますが、一般の家庭に差押をして回収をはかれるような動産はあまりありません。
【債権】
民事執行法と特別法によって差押えが 禁止されている債権以外で、債務者が 第三者に対してもっている貸金債権・ 預金債権・ゴルフ会員権の預託金返還 請求債権などが、全額差押えできます。
2.不動産執行 所有不動産の差押。持分の場合はその持分を差し押さえることが可能。 ほとんどは住宅ローンの担保となっており、差し押さえをしても余剰がないのが現実です。
3.給与差押 手取りの4分の3、又は21万円、この内少ない額が差押え禁止となっている(退職手当も4分の3が差押禁止となっている)つまり差押られる額は税金や共済金を引いた手取り給料の4分の1である、但し手取り給料が28万円以上の場合は21万円を引いた全額が差押の対象となり給料は21万円が支給される事となる。 サラリーマンや、公務員など、まず債 権者が差押してくるものです。サラリ ーマンの場合は退職するケースもあり ますが、公務員はなかなか退職が難し いので、給与の差押の対象になること が多い。
0120-239-240
メールでのお問い合わせ
法人相談はこちら

匿名で結構です。今すぐお問い合わせください。受付時間 9:00~21:00(土・日・祝もOK) 携帯・PHSからもどうぞ。